【リレー創作】希夢三重奏

(2016-01-23)
こんにちは。1、2、3の日ですね。

2、3、4の日は存在しないので、
増えていく3桁の日は今日だけ…のはず。

まぁだからと言ってなんにもないのはいつものこと。
でも今日が誕生日だと覚えてもらいやすそう!

さて、そんな今日はですね、
とてつもなくご無沙汰になってしまった…。
リレー創作でございますよ…。

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話

当初の予定では、この記事で終わり…だったんですが、
物足りない…もっと…もっとぉ…!
ということでもうちょっと続くんじゃ。



「…お嬢とユウが居ない?」

ホトトギスが、少し不安そうに俺に話した。確か、お嬢はシェオルとかいうキャストに会うって言っていたな。それを不安に思ったユウがこっそり着いて行った、ってところだろうか。それならば別段、心配することはないだろう。

「いえ…どうやら、最近発見されたレリクスに立ち寄った形跡がありまして…」
「三人で仲良く話し合い…をする場所じゃねぇよな」

何かがそこにあって、いやその前になんらかのトラブルがあった、と考える方が自然か。ここで推理しても埒が明かない。誰か、まるであらすじのように経緯を話せる奴はいないものか。

ピピピピピ!
端末がけたたましく鳴り響く。お嬢かユウか、とも思ったが、そこに記されている番号は憎たらしい情報屋のものだった。かつてこの俺を一方的に言葉で圧倒した、あの男だ。

「あっはっはぁ。そろそろ困ってるころかなーと思って連絡したんだけど、どうやらビンゴかな?まぁそうじゃなくてもお屋敷に居る君に連絡をすれば、なんだかんだでお金をいっぱい貰えるかなって思っt」
「単刀直入に話せ。お嬢とユウは何処に居る?」
「全く、ディシディアちゃんといいシェオルちゃんといい、結論を急ぐ人が多くて困っちゃうよ。まぁいいや、長文でも短文でもお金が多ければ別に問題無いしね。んじゃあ言うけど、というか言ったところでどうにかなるとは思えないけれど、今シェオルちゃんとロリちゃんとユウちゃんは別の世界に居るんだよ」
「それだけわかれば十分だ、金は後で払う」
「ん?言っておいてなんだけど、本当にこれだけで良いのかい?別の世界なんて複数存在するんだからさぁ?」
「ああ、むしろ探す手間が省ける」

情報が少なくても金を貰えるならこっちとしては大歓迎、とだけ言い残し、通信は切れた。

「よし、早速アイツに頼むとするか」
「…アイ様のことですか?」
「ああ、正直奴には頼りたくないが、別世界なんて話になったら仕方がないだろ」
「承知致しました。御主人様には内密にお願いします」
「そりゃそうだ、お館様が聞いたらさぞお怒りになられるだろうからな」

「わしがどうかしたか?」

あ、手遅れだった。

………

「んー…これはシェオルが負けたかな?」

ミラル君は、予想していた通りとでも言わんばかりに、特に動揺もせずにそう言った。シェオルがディスピアーとコンタクトを取りに行ってから、既に1時間が経過している。

「ディシディアさんの【異説】は?」
「間に合わなかったか、ディスの力が強すぎて効果が無いか、そもそも使うつもりが無いかのどれかだろうね」
「…え?使うつもりが無い?」
「うん。彼女にとって、ディス以外の存在は不要だからね。それに、こっちの世界のディシディアも、僕たちと一緒に来たディシディアも、どちらとも狂った愛の持ち主だからねぇ…さて困った」

本当に困っている人間の声色や表情とは思えないんだけど…。って、二人も居るの!?

「ねぇ、それってどういう…」

「おー?」
「ロリじゃないか」
「おやおや、揃いも揃って元気そうだね」

「…グリーンベルにロベリア、それにアイまで!?」
「ふふ、君たちが戻ってこないとストから聞いてね。おまけに別世界だなんて面白そうだし、つい来てしまったよ」
「驚いたよ、そんな簡単に来れるなら【錬世刀】なんて要らないんだけどなぁ」
「君がミラルか?私の作品とは別ベクトルの能力を持っているとか。是非見せてもらいたいね」
「悪いけど、さっき無茶をしたばかりでね。そう簡単には見せられな…」

ミラル君が喋り終わる前に、ベルが思い切りミラル君を殴った。砂埃が舞い、ミラル君を中心にクレーターが出来る。

「んー?何か殺したか?」
「やれやれ…ちょっとだけだよ?」

ミラル君が地面を蹴ると、砂が隆起して槍のようになった。…これも【創造】なの?

「ふーん…もしかしてお前、オレと遊べるのか?」
「どうかな?」

「…そんな場合じゃないよ!どんどん破壊が進んでるし、何か策を練らないと!」

私が叫んだ瞬間に、ユウ姉が飛び出し、二人の間に入って制止した。今は仲間割れをしている場合ではない。というか、本当の目的って…無事に全員帰ること、だよね?でもその大前提がディシディアさんの中で崩壊しているとすると…。

今、私たちは窮地に立たされているのではないだろうか。

短いし勝手にキャラ増やして面倒にしただけだこれ!!!

ええ、あんなに間を空けておいて、
やったことはまさかのごちゃまぜ大会ですよ。

僕で終わりなら勿論違う展開にしていたんですけども、
まだまだやってもいいってことなので、
敢えてカオスに。いやー良いよねカオスって。
書き分け大変だよ辛いよ。何やってるんだよ。

まぁ、時間無いからこのままで!

それでは~
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リューニャー

Author:リューニャー
メール:whale_in_the_cup?yahoo.co.jp
?を@に直して下さい。

生息地 北海道
職業  保育士
性別  男(21歳)
読書とゲームが好きです
PSPo2iインフラは9月29日に終了しました。
PSO2 シップ1
漫画冊数:1338冊
Twitterやってます。
→@mukootoaoto(ブログ更新情報も見れるよ!)

リンクフリーです。
相互リンクも募集中。
また、当ブログをリンクしているのを確認次第、
基本こちらでも追加していくことにしました。
(相互リンクは基本応じますが、ブロともは現在受け付けておりません。ご容赦下さい)

随時更新記事

便利?な記事まとめ

用語辞典
最終更新日:1月2日

チーム紹介
最終更新日:1月18日

キャラ紹介
最終更新日:7月18日

GEシリーズプレイ記録
最終更新日:1月2日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
コップの中のお客様
検索フォーム
ランキングに参加しています
にほんブログ村 ゲームブログ ファンタシースターポータブル2へ
クリックしていただくと、 このブログの寿命が延びます。ブログ主のやる気も伸びます。 (Ctrlキーを押しながらクリックすると飛ばないらしいです)
リンク