ちゃお4月号買ったんだけど付録が凄いんだぜ!

(2017-03-05)
こんにちは。更新サボりすぎちゃった。

雛祭りの記事も書かなかったし、
折角のネタがある日を無駄にしてしまった。

昨日は巨人の家に遊びに行っていたので、
更新は休みました。

久々にカラオケに行ったんですが、
もう1年間分くらい歌った気分(笑)
23時から4時まで歌うという暴挙…
どうして?どうしてそんなに皆歌えるの??
因みに僕は音痴なので本当に苦手です。
でも歌うのは好きだよ。

さてさて。今日の話題はタイトルの通り、
ちゃおの4月号を購入しました。

人生で初めてちゃおを買いました。
僕の好きだったミルモでポン!は流石にもう載っていないし、
アニマル横町は…りぼんか。

皆さんはちゃお派とかりぼん派とか、どれでした?
いや僕は本当に買ったことが無かったので、
コロコロコミック→ジャンプみたいな遍歴なのですが、
ちゃおはちょっと過激なイメージがありますね。

どうしてちゃおを買ったの?
気でも触れたの?と思われたそこの貴方、
勿論そんなことはありませんよ。

ちゃお4月号 プリちぃおそうじロボCHI-01

プリプリちぃちゃん!!が4月15日にアニメ化するってよ!
てなわけでそのプリプリちぃちゃんの掃除機が付録に!!

プリプリちぃちゃんってどんな漫画?
と訊かれると僕も詳しくは解説できませんが、
春から女子校生になる佐伯夕花が、
地底人のちぃちゃんと宇宙人のうっちゃんと、
一緒に暮らすという…いや、僕もちょっとわかんないですけど、
昔から少女漫画は異世界の生物と少女のハートフルな話が多いね?
多いよね?ミルモもアニ横もそうだったよね?

ともかく、ちゃおについては詳しく知りませんが、
この付録が話題になっていたので買っちゃいました。
だって簡単に言えば小型ルンバだぜ!?
それが580円だぜ!?買うだろ!!!

ちぃちゃん結構可愛い

意外と可愛いぞちぃちゃん。
でも地底人だぞ。今時の子って地底人知らないんじゃ…。

動画を載せたかったのですが割愛。
本当に机の上を縦横無尽に走行し、
物にぶつかったり机の端まで来たら、方向転換します。

たまーに落ちちゃうんですけども、
その後ろ姿も哀愁があって愛おしい(笑)

机の上の消しゴムのカスを吸引するぜ!
という設定なので、床の上を走らせたり、
大きなゴミを吸わせるのはナンセンスのようです。

僕が子どもの頃の消しゴムクリーナーって、
なんか小さいハンディのやつでしたよ。
ローラーがついていて、コロコロ転がすやつ。
それを思うと、今時は自走する掃除機が付いてくる…。
凄い時代になったなぁ…。

雑誌に家電が付くんだぜ!?
宝島社でもここまではやらないんじゃない?
でもバッグとか財布も凄いよね。

しかし考えてみると食玩とかもおまけの方が凄いわけで、
おまけが主役、みたいな風潮は今に始まったことではないのか。
ただ、それのグレードが上がってるってだけで。

因みにちゃおの作品は全く知らない漫画ばかりでしたが、
名前占いとかも面白かったよ。

それでは~
スポンサーサイト


「セルフ鳥葬」でゆるやかに消滅希望。

(2014-01-26)
こんにちは。今日も腹痛起床。

テスト前だからか…?

頑張って二度寝しました。
結構目が覚めちゃって…(笑)

昼にカレーラーメンを食べ、
夕食の後のデザートはしろくまパフェ。

あと漫画を3冊購入しました。
それについては、また別の記事で。

今回は、その中の1冊を紹介します。
久し振りに少女漫画ですね。

KLi1.jpg
余命¥20000000(ニセンマンエン)
作者:草野佑
巻数:1巻
出版社:講談社(BE・LOVE、ITAN、ITAN WEB COMIC)
備考:2巻は2014年秋頃発売予定

「セルフ鳥葬」でゆるやかに消滅希望。
そんな社会不適なその人が、
餓死寸前に当てた2千万円。
働かず、極力人と関わらず、どこまで生きるかな?
余命は減り続ける2千万円。
カウントダウンが始まった―
(1巻、表の帯コメより)

KLi2.jpg
主人公は、失業中の青年・宇奈月くん。
前の会社のことを、毎日悪夢で見る。

そんな悪夢でまともに眠れない、
ハローワーク通いの日々。
母からの電話で、叔母さんが貸している家を、
キレイに使っているか見てきてほしいと頼まれる。

KLi3.jpg
挨拶しても返事無し。
家の中も真っ暗。
誰もいないのかと思うと、何かにつまづく!

倒れた宇奈月くん、急いで振り向くと…?
KLi4.jpg
なんか倒れてます

「死ッ…死ッ!?」
「生きてるよ」

彼女は草間さん。
髪が長すぎて顔が見えません。

様子を見にきたことを告げ、
宇奈月くんは草間さんが何をしていたのか訊ねます。
KLi5.jpg
「ゆっくり消滅していたんだ」

草間さん、意味がわかりません(笑)
宇奈月くんも怪訝そうにします。

「失礼ですけど……お仕事は?」
「してないよ」
「てかしたことない」

草間さん、労働経験皆無のニートなのです。
生活は?お金は?
宇奈月くんに、草間さんは全財産を見せます。
KLi6.jpg
残金 348円

「大丈夫なんですか?
仕事したほうがいいんじゃないですか!?」
「んー」
「大丈夫大丈夫」
「いや…でも…」
「いいんだよ」

「私はもういいんだ」

自宅に帰ると、母から水回りも見てというメールが。
二度手間にムッとしつつも、
「家の中で消滅するのはやめて下さい」と伝えたことを思い出す。
失業中の自分と、
自由に生きている草間さんを重ねる。
あんなんでも生きていけるなら、
自分は大丈夫。そう考えると、久々に安眠できた。

翌日、もう一度草間さんを訪ねる。
すると…
KLi7.jpg
庭でセルフ鳥葬

庭でセルフ鳥葬=家の中で消滅じゃない
という草間さん理論w

そしてなんと、
草間さんはフライドチキンを購入していた!
残金は0円!余命0円!
宇奈月くんは草間さんを心配しますが、
草間さん本人は全く悲観的な様子無し。

それから数日後、宇奈月くんは草間さんに会いに。
おみやげは、フライドチキン。
100周年ということで、くじが付いてきます。

前回食べていたチキンの骨がそのまま放置されていました。
宇奈月くんはそれを片付けようとします。
その骨の下になっていた、油の染みたくじの紙。
KLi8.jpg
なんと2千万円が当選していたのです!!

余命0→一気に余命2千万に!
これを使い切るまでは消滅しないことに決める草間さん。

これが1話の大まかな内容です。

宇奈月くんは再就職できるのか?
草間さんは働かないで、ただ2千万を消費するのか?

就職が~、対人関係が~、お金が~…
そんな現代の苦悩・葛藤と無縁の草間さん。

彼女の生き方が、宇奈月くんだけではなく、
読者にも元気をくれると思います。

そんな草間さん、なんだか悟ってるというか。
深いこととか言ってます。
KLi9.jpg
KLi10.jpg
どんなものだって終わらないものはないんだよ
それが分かってればそうそう不安にはならないものだよ

分かってはいるけど…
そう簡単には割り切れないなぁ…

ゆるやかに消滅に向かう暮らし、
是非ご一読下さい。

今回のタイトル:帯コメより

それでは~


それはただ、かけがえのない二人で、あるために。

(2013-11-23)
こんにちは。灰色の雲が漂う青空に、通り雨。

あと1週間もしない内に北海道は再び雪だそうで。
12月になれば、本格的な冬が始まります。

さて。
先日紹介した『さよならソルシエ』ですが、
同作者のデビュー作を紹介します。

何度か話題に出しました、『式の前日』です。

TWE1.jpg
式の前日
作者:穂積
巻数:全1巻
出版社:小学館(FLOWER COMICS)
備考:このマンガがすごい!2013 第2位

〝ふたりきり〟――。
それは、この世でもっとも切なく、もっとも尊い宝物。
表題作【式の前日】ほか5編を収録した、
珠玉の〝泣ける〟読み切り短編集。
(裏表紙より抜粋)

【収録作】
・式の前日
・あずさ2号で再会
・モノクロ兄弟
・夢見るかかし(前後編)
・10月の箱庭
・それから

この作品の解説をしようにも、
下手なことを書けば即・ネタバレになってしまいます。

参考の画像を載せようにも、
それだと面白さが激減してしまいます。

全編を通して言えるのは、
・前半に綿密な伏線がある
・そして後半に衝撃の結末

という、これがデビュー作とは思えない構成です。
伏線の張り方が非常に上手く、
1話完結の短編とは思えない綺麗なまとめ。

1つずつ、少しだけ説明。

【式の前日】
結婚を明日に控えた男女の話です。
式の前日を普通に描いた、どこにでもありそうな話。
しかし、この会話…

「泣くとブスになるよ 明日」
「…うっさい バカ」

そしてまさかの結末。
爽やかで、どこか寂しさを感じさせます。

【あずさ2号で再会】
夏。おとうさんを待つ娘の話です。
いや、おとうさんは来ます。アイスを土産に。
ある日、タバコを買ってくると言っていなくなったらしく、
それからは1年に1度しか逢えない。

留守にしていたおかあさんが帰ってきて、
おかあさんが色々と訊ねます。
あずさは、「おとうさんが~」と返しますが、
おかあさんはそれを理解出来ません。

そんなに元・旦那が嫌いなのか?
それは読めばわかります。

【モノクロ兄弟】
昔のクラスメートの葬式帰り、
10年ぶりに双子の兄弟が再会。
ビールを飲みながら、二人は語り明かす。

酔っているのか、やけに饒舌に話す。
死んだクラスメート・由起子の話題。
二人とも、彼女に惚れていたらしい。
が、結局は、どちらも彼女とは付き合わなかった。

二人は散々飲んだくれ、
案の定、弟は翌日の健康診断に引っかかった。

初恋のクラスメートの死、兄弟の再会。
哀愁が漂う、『別れの話』といった感じでしょうか。

【夢見るかかし】
カンザスの田舎で過ごした兄妹。
その二人を見守ってきた、かかし。

差出人不明の手紙で、妹が結婚することを知る兄。
ニューヨークで暮らしていた彼は田舎に戻る。
彼は女たらしで、妹を守る為に色々してきた男。

これも、兄から妹が去っていく、
『妹離れ』という意味では別れの話です。
この差出人、「誰でもいいか」と彼は言うが…?

【10月の箱庭】
昔、一本だけ売れた小説家の家に、
親戚の女子中学生がやってくる。
彼はずっと、カラスの夢を見ている。
それがどんな暗示なのか、わからない。

カラスが乗り移っている、そう考えるが…?

【それから】
短いページですが、【式の前日】の後日譚。
猫の目線で描かれるのですが、
ただ事ではない電話が入ります。
しかし彼は、それを知らず…?

どの話にも共通して言えるのは、
『別れ』と『新たな始まり』ですかね。

短編集の為に書き下ろしたのではないか、
というほど、話の作り方が似通っています。

この作品は、先ほども書いたように、
『少しの情報でもネタバレに繋がって』しまいます。
裏表紙や帯にも、内容に触れるものは書いていません。

このマンガがすごい!2013 第2位ですが、
発売から3日で増刷→3か月で初版部数の20倍突破。
デビュー作、しかも短編集とは思えない人気です。

心に沁みる感動を、是非。

今回のタイトル:帯コメより

それでは~


兄さんはずっと俺の人生のすべてだった

(2013-11-21)
こんにちは。最近は雨が降ったり止んだり。

冬にもなりきれない中途半端な日々。

寒いのは寒いんですけどね。

以前、紹介した『さよならソルシエ』。
最終巻である2巻が出たので、改めて紹介しようと思います。

barS.jpg
さよならソルシエ
作者:穂積
巻数:全2巻
出版社:小学館(FLOWER COMICS)

19世紀末、パリ。ひとりの天才画商が画壇界を席巻していた。彼の名は「テオドルス・ファン・ゴッホ」――のちの天才画家「フィンセント・ファン・ゴッホ」の弟である。画家と画商、兄と弟……ふたりのゴッホの絆と確執、そして宿命を鮮やかに描く伝記ロマン、ここに開幕!
(1巻裏表紙の説明文を抜粋)

“このマンガがすごい2013”第2位の『式の前日』の作者の作品。

この作品、何がすごいのかと言うと…
少女漫画とは思えない、独特の世界観と展開がすごいです。

歴史に基づいた史実漫画は沢山あります。
ですが、『さよならソルシエ』は、それらとは一線を画す作品だと思います。

1巻では、兄と弟の話が、
2巻では、この2人の本音や本質が。

そして、衝撃のラスト。

ゴッホと言われれば、知らぬ人はいないくらいの有名人。
耳を切った話は、あまりにも有名ですよね。

そんなゴッホ兄弟の、知られざる世界。
この作品が真実なのかフィクションなのか。
どっちでも構わないくらいの作品です。

1巻の第5話を、少しだけ。

フィンセント・ファン・ゴッホは、
絵を描くために街を歩いていた。

浮浪者を描こうとして、彼から怒られてしまう。
再び歩いていると、葬式に出くわす。

「…あんた 画家か?」
「あんたも 夢を追ってパリに来たのか」
barS1.jpg
「俺の兄貴の葬式なんだ」
(中略)
「働いて働いて…」
「結局兄貴は病気で倒れた」
barS2.jpg
「…なあ芸術家」
「惨めだと思うだろ?こんな人生」
「死に物ぐるいで生きたって 最後はこんなパリの片隅で死んでいくんだ」
「あんたらみたいにお綺麗なもんだけ描いてりゃいい芸術家は笑うんだろうけどな…」

「…笑う?」
「…なんだよ笑えよ 惨めだろ…」
「なんで?」
barS7.jpg
「……毎日を」
「ただ 生きて」
「生きて生きて」
「精一杯生き抜いて」
「死んでいく人を僕は惨めだとは思わない…」
barS3.jpg
barS4.jpg

「………」
「はッ 赤の他人が何を偉そうに…………」
「あんたに何がわかるっ」

彼は立ち去り、写真を落とす。
barS5.jpg
その写真に写っていたのは、彼の兄だった。

彼が母親に、家に入るように促す。
ふと見たが、目線の先に、既にゴッホの姿は無い。
代わりに、キャンバスが置いてあった。

barS6.jpg

『惨めだとは思わない 立派な人生だ』

いかがですか?
よくわかんない!という方は、是非コミックで確認してみて下さい。

今後も、出来ればこうやって紹介していこうと思います。
この話が、1番感動したんです。
こうやって書いている間も、また感動しちゃいました(笑)

2巻で完結しましたし、集めやすいと思います。
『式の前日』を読んだ方も、読んでいない方にもオススメ。

歴史モノに興味が無い方も、是非。

今回のタイトル:2巻の帯コメより

それでは~


君に届け

(2013-07-01)
こんにちは。今月初の記事は漫画記事。しかも少女漫画。

ススメるのが遅くなりましたが、最新刊が出たのでススメます。

というわけで今回ススメるのは『君に届け』です。
KNT.jpg
作者は椎名軽穂。既刊19巻。累計発行部数は2300万部突破。アニメも実写映画もやりました。

陰気な見た目のせいで怖がられたり謝られたりしちゃう「爽子」。
爽子に分けへだてなく接してくれる「風早」に憧れている。
風早の言葉をきっかけに変わっていけるみたい…。
夏休み前、爽子は肝試しでお化け役をやることに!?
(1巻裏表紙より)

・男性でも、全く問題なく読める作品だと思います。
・思わずドキッとしてしまうシーンから感動するシーンまで、どこを取っても最高です。
・付き合うまで、付き合ってから。劣化することなく楽しめます。
・爽子の友人の恋愛、友人との付き合いなど、見どころがたくさんあります。

僕の語彙力では、この作品の心にくる素晴らしさが説明出来ません。

アニメもオススメ。声優さんがぴったりだと思いました。
内容も、原作に忠実ですし。

この作品は、かなりオススメです。
読んだことが無い方は、是非ご一読を。

今回のタイトル、何の捻りも無い、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、作中に出てくる言葉です。

それでは~


プロフィール

リューニャー

Author:リューニャー
メール:whale_in_the_cup?yahoo.co.jp
?を@に直して下さい。

生息地 北海道
職業  保育士
性別  男(21歳)
読書とゲームが好きです
PSPo2iインフラは9月29日に終了しました。
PSO2 シップ1
漫画冊数:1338冊
Twitterやってます。
→@mukootoaoto(ブログ更新情報も見れるよ!)

リンクフリーです。
相互リンクも募集中。
また、当ブログをリンクしているのを確認次第、
基本こちらでも追加していくことにしました。
(相互リンクは基本応じますが、ブロともは現在受け付けておりません。ご容赦下さい)

随時更新記事

便利?な記事まとめ

用語辞典
最終更新日:1月2日

チーム紹介
最終更新日:1月18日

キャラ紹介
最終更新日:7月18日

GEシリーズプレイ記録
最終更新日:1月2日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
コップの中のお客様
検索フォーム
ランキングに参加しています
にほんブログ村 ゲームブログ ファンタシースターポータブル2へ
クリックしていただくと、 このブログの寿命が延びます。ブログ主のやる気も伸びます。 (Ctrlキーを押しながらクリックすると飛ばないらしいです)
リンク